Wednesday, 23 January 2019

くわしい施術内容など


《施術》
胸の下から恥骨の手前まで、腹部全体をオイルをたっぷり使用しオールハンド(素手)で行います。なめらかなストロークと深い圧、揺らしを織り交ぜ、ゆったりとしたペースで進行します。

《セッションの流れ》
(120分で行える標準的な内容)
お迎え→施術内容の確認/体調の確認/呼吸の練習→お着替え→温ハーブパッド→ゆらし→風門を開ける(お臍まわりのエネルギーライン指圧)→各臓器反射区の施術   腎臓/大腸小腸/心臓/肺/肝臓/胆嚢/脾臓/胃/生殖器/膀胱 →瞑想→お着替え→シェアタイム→お見送り

《施術前》
🍽「絶食はなさらずに」約2時間前までにお食事をお済ませください。(思いのほかエネルギーを消耗するため。低血糖や脱水状態ですとめまいやふらつきなどの原因になります)食欲なくとも何かしら口にしておいてくださいませ。
🍹水分補給は直前までどうぞ。
🧘‍♀️瞑想効果を特に期待する場合は、一般的に勧められる菜食、ストレッチ、禁酒、禁欲、カフェイン断ちなど試されてもよいかと思います。

《施術中》
通常のマッサージでは起きない体の感覚や反応が起こることがありますが、一時的なものですのでご心配はいりません。
具体的には顔面、手足のしびれや硬直、泣く、笑う、怒る、発声、発汗、からだの感覚がなくなるなど。
時に感情が放出されコントロールを失うような状況も起こりますが、何が起こっても見守りお世話します、ご安心ください。
喉が乾いた、トイレなど何かあったら我慢せずにすぐにお知らせください。

《施術後》
通常はスッキリして元気が出ますが、強い眠気や空腹感が起こることもあります。
また、一見体調不良のような好転反応(脱力感、食欲不振、下痢、腹痛や筋肉痛、微熱、傾眠、生理が早く来る、遅れて感情が出るなど)が現れることもあります。いずれも消失しますが、念のためあまり忙しい予定を立てずにからだの求めるままにお過ごしください。

⚫︎数回の仕上げ施術をお勧めします。2回目以降、痛みは減り柔らかさも増していることが多く、より深い施術が可能になります。体験の内容も変化していきます。
好転反応が重くなければ連日の施術も可。


⚫︎気になる感情解放の起こるタイミングはまさに「神のみぞ知る」初回のこともあれば数回目のこともあり。気楽にお受けになるのが吉◎です。

⚫︎オリジナルはしっかりと深く行う施術スタイルです。そのため「軽く顔をしかめるくらい」の痛みを感じますがゆっくりと、注意深く行います。くすぐったがりや痛がり、マッサージが苦手な方でもほとんどの場合大丈夫です。ソフト〜ハード  圧の調節致しますのでご希望をお伝えくださいませ。

×下血や炎症のある腹痛
×破裂の恐れのある腫瘍
×胸腹部大動脈瘤
×脳梗塞、脳出血罹患歴
×重度の高血圧
×重度の糖尿病
×重度の心疾患
×心臓ペースメーカー
×てんかん
×妊娠中
×お臍の炎症

△生理中(あまり重くなければ)
重度の皮膚疾患(オイルを使用せず着衣の上から行えることもあります)
△がん罹患歴あり(医師にご相談の上)
△下痢、嘔吐、悪心、頭痛(快癒例あり)
△開腹手術後(術後1年より可)




ご予約、お問い合わせは
keikoasis@gmail.com  
Keikoまでどうぞ。



















Tuesday, 15 January 2019

《翌朝の驚き》背部のコリは臓器のコリ〜


オーストラリア在住のアーティスト、micoさんより。

感性豊かな彼女のからだを通して頂いたギフト🌈✨

〜〜〜


泰国チネイザン日記
背部のコリは臓器のコリ

ヨガをしてもストレッチをしても、マッサージを受けても緩和しなかった背中のコリが「お腹の疲れ」からきていたなんて、盲点だった。

チェンマイでKeiko Namikawaさんのチネイザン(腹部・内臓のマッサージ)を受けてきました。

昨年、 Takenori Hoshikoさんの「自分で自分の身体を治す」ワークショップに参加し、お腹(内臓)をほぐしたときに、長年悩んでいた背骨のズレがまっすぐに整う経験をした。
※この際、背中にはいっさい触れていない

その頃から、内臓といわゆる身体・筋肉のコリと姿勢の関係について考えるようになり、チネイザンに興味を持つようになった。



Keikoさんとの出逢いは2013年、わたしがはじめてタイを訪れたときのこと。
自らもガンを患っていながら、タイに来てからこの7年間は薬物治療等を行わずに自身の治癒の力だけでイキイキとしていらっしゃる彼女に感銘を受けた。

マッサージ大国、タイのチェンマイには、探せば優秀なセラピストはたくさんいるだろう。

けれど、わたしが彼女にお願いしたかった理由はそんなところにもあったのだと思う。

〜〜〜〜〜〜

深く呼吸を合わせながら行う彼女の施術はひとことで、とてもシャーマニックでスピリチュアルなものだった。

それは施術に入る前に深呼吸で自身の心身を整えることからはじまった。
身体に触れられる前に彼女の呼吸を肌で感じた瞬間、Keikoさんが施術家として100%、わたしの心身にコミットしてくれていることを感じた。

腹部というのは、肩や首、背中とくらべて、とても繊細な場所。
いわゆる筋肉のコリへのアプローチとくらべて、ものすごい痛みをともなうこともある。
こと、臓器の状態が荒れていればなおさらだ。

17歳のころから、肺気胸3回、20代で左腎臓、腹部全切開、34歳で出産時の緊急帝王切開と、大小7回以上も手術を経験してきたわたしの臓器たち。
それらはあちこちで癒着を起こし、細胞レベルのトラウマから想像以上に凝り固まっていた。

Keikoさんの指が深く腹部に入るたび、その痛みを逃すために、自然とウー、とかアーーとか、声を出し続けていた。
(そういえば出産のときも同じことをしていた)

一度、左腹部を下から強くなで上げられたとき、あまりの激痛にイタッ!と叫んでしまったが、Keikoさんが動揺したり、その手を緩めることはいっさいない(笑)。

その確固とした態度は、経験と自信に裏づけされたものだった。
だからこそ逆に、激しい痛みを「必要なプロセス」として、受け入れることができた。

同時にそれはとても深い瞑想体験でもあった。
セッション後は、しばらくお互い口もきかずにゆっくりとお茶を呑む時間がありがたかった。

〜〜〜〜〜〜

いちばんの驚きは翌朝やってきた。
目覚めたとき、いつもなら少しひねっただけでボキボキとクラック音のする背骨がなめらかなのだ。
ここ15年以上、気にならなかったことがない背中、さらには首のこわばりが6割型やわらいでいた。
実際に背骨に触れて歪みを確認してみると、ほぼ真っ直ぐに整っている!

やはり、内臓のコリは背中のコリに通じていた。確信。


実は今、このレポートをオーストラリアに向かう飛行機の中、眠るサティヤを抱えながら=かなり無理な姿勢で書いているが、まだ背中の疲れは感じていない。

自らもマッサージセラピストであるわたし、今回、2時間のセッションを通じて、自分の身体というもっとも身近な実験畑から大きな発見と学びを得ることができた。

息子がもう少し大きくなり、再びチェンマイに還ることができたら、かならずチネイザンを学ぼう。
そんな決心が生まれた。

信頼できる施術家との出逢いは人生を通じた宝そのものだ。

わたしの身体をまさに神殿として敬い、整えてくださったKeiko Namikawaさんに心からの感謝とキスを❣️

2019年1月13日
巫女

📸セッション後、キラキラのふたり💞




Tuesday, 1 January 2019

謹賀新年

あけましておめでとうございます

2019年は

冬〜夏  チェンマイ
夏〜秋  日本
秋〜      チェンマイ
の予定です  




2012年から魅了され続けている、お腹を通して見る不思議な世界。
まだまだ飽くことはなさそうです。
  
今年もたくさんの出会いや再会がありますように❣️









#瞑想 #チネイザン#感情#解放#潜在意識#チェンマイ#meditation#chineitsang#mindfulness#abdominal#trauma#release 




Friday, 5 October 2018

ダイレクトに宇宙と連動している感覚

初セッションの体感を綴って下さいました。

「お腹はダイレクトに宇宙と連動している感覚」

旅するハーブ調合人、
ことり薬草  えこさんのブログ

https://cotoriherb.com/chineitsang/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

チェンマイでチネイザンを受けてきました〜
腸、肝臓、腎臓、膵臓、大腸、胃、肺、生殖器をお腹の上から揉んでマッサージする治療法。
旅仲間のなおちゃんに便乗して、ひとつ返事でわたしも受けることに。

はじめはオイルを使って優しく揉んだりさすったり揺らしたり。
先生の呼吸に合わせて、真似して呼吸をしながら
だんだん力が強くなってきて、順番に各内臓がぎゅーっと押されてゆく。
これが顔をしかめるくらい痛いのだけど、
呼吸による酸欠なのか、痛みなのか、その他の影響なのか
意識がなんども飛んでひたすら気持ちよかった〜

身体の感覚が戻ってきたら手がジンジンして、エネルギーが溢れ出し勝手に動いてしまう。
ツーっと涙が出て、寝起きの子供の気持ちになって
先生が吹いてくれたシャボン玉に笑ってしまったら、全身全霊でHappy Worldへ突入。
感情が溢れ出して大泣きしてしまう人もいるくらい、強力なデトックスヒーリングなんだそうだよ。

触る範囲はお腹周辺だけなのに、ダイレクトに宇宙と連動している感覚がある。




膣の中を直接マッサージするというカルサイネイザンにも興味を持った今。
“子宮の仕組みは宇宙の仕組みそのもの”だとされているから、これは究極的なのでは..と予感しているのでした。

今回施術をしてくださったのは、日本人女性のkeiko先生。
チェンマイでチネイザン受けてみたい方がいたら、紹介しますのでご連絡ください◎
天と地がぶっとい柱で繋がった、安心して我がお腹を任せられる先生です。












Thursday, 4 October 2018

身体の中心からドローっと溶けていき、、


施術の体感  
頂いたメッセージより

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日はありがとうございました。

昨日はあのあとねむーーーくなって、ご飯を少し食べて早々と寝ました。

カラダの中心?深部から力が抜けてドローっと溶けていく感覚や、おでこのあたりで見た綺麗な白い光と幾何学模様が本当に美しかったこと、愛してる人たちへの愛が更に増していったこと、カラダから空気が抜けきったときの無重力感など、本当に素晴らしい体感でした。




物質的なカラダも、腰が超軽いです!

圭子さんとの出会いも嬉しいです😊
また色々お話し聞かせてください!
そしてまた東京かチェンマイでお会いしたいです。チネイザンへの興味が、溢れてます!

                                     東京都   整体師  Nさま 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
翌翌日も夜の眠気が凄かったそう。
ぐっすり寝てスッキリ。
楽しいチェンマイ滞在を!







Wednesday, 15 August 2018

セッション中の悪夢→今、生きる喜びへ。 チェンマイ始動してます


セッション中の悪夢

「2回出産をし、2回とも赤ちゃんは死んでいた」

「人をたくさん殺した」

「忌まわしいその腕を自ら切り落とした」

そして

触れているKeikoの手が自分の手のように感じ、
途中トイレに立った時、
今、存在するという
「生きる喜び」にあふれていた!

      
                                        ドバイ在住  E様
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開始まもなく解放が始まり泣きはじめ、それはだんだんと深まり別人のような呻き声へ。
「この世のものではない」感覚
こんなときいつも私の腕はザザザと鳥肌。
終わるとスッキリ!元気にお帰りになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本では、暖かな出会いや再会にあふれた
充実した滞在でした。心から感謝いたします。

猛暑でびっくりの日本から来たら熱帯のチェンマイは涼し。これから冬に向けてますます過ごしやすくなります、Welcome to Chiang Mai!!




  




Saturday, 21 July 2018

《光に包まれた》瞑想不思議体験

2018summer逗子古民家セッション感想
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホームページを見て、
直感でいい!と感じ、すぐに予約しました。

オイルをたっぷり使って、お腹のマッサージ。
アプローチされる場所によってはすごく痛いのですが、
圭子さんのすって〜に合わせて、深呼吸をしていくうちに、どんどん呼吸が深くなり、
身体も心も圭子さんにゆだね、リラックスしていきました。

施術が後半になった頃、
突然、両手の指先がじわじわして、
あつーくなってきました。

目を閉じていたら、
突然、輝く眩しい光が、遠くから近づき降り注いできました。
数分間、その光に包まれました。
すごく眩しかったけど、心地よく、
また何かが解き放たれた気がしました。

その後、また輝く眩しい光が遠くから近づいてくると、今度はその奥から、真っ黒い煙のようなインクのようなものが見えてきました。
そしてトランプのクイーンに似た
目を閉じた無表情の女性が現れましたが、
すぐに光に消されました。





私は神様も信じていないし、
スピリチュアルも半信半疑です。
でも、こんな不思議な現象を
圭子さんの施術を通して体験しました。

圭子さんという、様々な経験を重ね、本当の強さと優しさを備えた方のあたたかい手で触れてもらう事で、身体が反応したのだと思いました。

帰りはすっきりして、なんだかパワーを感じ、
まわりの景色がなんだか美しく輝いてみえました。

また必ず受けにきます!
ありがとうございました。


                                         東京都   A様